本文へジャンプ

オンライン海外留学支援制度

燕労災病院では、県央基幹病院に向けて常勤医師、臨床研修医が海外大学院にオンライン留学する支援制度を創設しました

燕労災病院では、県央基幹病院開院に向け、ER救急立ち上げ、組織づくり、教育システム構築などを学ぶ研修を希望する医師に、オンラインを基本とした海外留学を支援する制度を創設しました。


常勤医師

・支援対象
 燕労災病院に勤務し(勤務予定で)県央基幹病院の準備に携わる、救急・総合診療を担当する常勤医師、麻酔科常勤医師(概ね45歳まで)
・支援人数
 若干名
・支援内容
 留学研修資金を2年間、最大で1,000万円+旅費を貸付
 ※MPH学位取得、MBA学位取得の場合は、貸与額、貸与期間を相談できます。
・返還免除条件
 オンライン留学研修後、燕労災病院、県央基幹病院で2年以上勤務
・選考方法
 燕労災病院が設置する選考委員会による書類選考および面接選考
・申請方法
 申請書(様式指定)を燕労災病院総務課に提出してください。(随時受付)
・その他
 オンライン留学研修は、休日や時間外の自己研鑽として実施
 ※受講のため、必要に応じて当直などの勤務を考慮します。
 ※現地研修に参加する場合は職専免とします。

燕労災病院海外留学研修資金貸与規程
燕労災病院海外留学支援制度


臨床研修医

・支援対象
 燕労災病院が協力型研修病院となっている基幹型臨床研修病院の臨床研修医で、燕労災病院で臨床研修を行う研修医
・支援人数
 若干名
・支援内容
 オンライン留学研修資金を2年間、最大で1,000万円+旅費を貸付
・返還免除条件
 燕労災病院もしくは県央基幹病院で、臨床研修期間を含む2年以上勤務
・申請・選考方法
 新潟県ホームページの「申請手続き」に記載の書類をそろえて、新潟県医師・看護職員確保対策課に提出してください。
 ※申請についてのお問い合わせは、新潟県医師・看護職員確保対策課にご連絡をお願いします。
・その他
 オンライン留学研修は、休日や時間外の自己研鑽として実施
 ※受講のため、必要に応じて当直などの勤務を考慮します。
 オンライン留学研修をサポートするメンターを配置
 オンライン留学研修手続きを支援

燕労災病院海外留学研修資金貸与規程
燕労災病院海外留学支援制度




お問い合わせ

総務課長 長谷川
TEL/0256-64-5111(病院代表)
メール/soumukatyou@tsrh.jp

ページの先頭へ戻る