本文へジャンプ

病院紹介

病院長挨拶

院長 鈴木 幸雄

病院長 鈴木 幸雄

燕労災病院は、平成30年4月1日に独立行政法人労働者健康安全機構から新潟県に移譲され、「新潟県立燕労災病院」として新たにスタートしました。

昭和54年に旧労働省が管轄する労働福祉事業団の病院としてオープンした燕労災病院は、最初は職場における外傷、じん肺、一酸化炭素中毒など典型的な職業病の治療を重点においていましたが、疾病構造の変化に対応して、がんや生活習慣病の治療などの診療機能が追加され、高齢社会に対応した地域医療も担うなど、時代のニーズに応じて変化してきました。

現在、県央地域では、平成35年度早期の開院を目指し、救急救命医療や高度・専門的医療を提供し、地域医療支援等の拠点となる「県央基幹病院」の整備が進められているところです。再編対象病院の一つである県立燕労災病院では、地域の医療機能の維持に努めるとともに、県央基幹病院に向けた準備を進めることとなりました。

県立燕労災病院は、一般財団法人新潟県地域医療推進機構が指定管理者として運営する「公設民営」の病院となります。県央基幹病院が開院するまでの間、県立燕労災病院は、従来の診療機能を引き継ぎ、地域の皆様から安心して受診していただける体制を維持してまいります。「地域の人々のために最善の医療を提供し、地域から信頼される病院」を目指して職員一丸となって取り組んでまいりますので、引き続き、地域の皆様からご支援を賜りますようお願い申し上げます。

病院概要

名称
新潟県立燕労災病院
開設者
新潟県基幹病院事業 新潟県知事 
運営主体
一般財団法人新潟県地域医療推進機構(公設民営により、指定管理者として運営)
管理者
病院長 鈴木 幸雄
開院
平成30年4月1日
病床数
300床
診療科目
内科、循環器内科、神経内科、外科、整形外科、脳神経外科、皮膚科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、消化器外科
その他
健康診断室(人間ドック、脳ドック、定期健康診断、他)

基本方針

燕労災病院の理念

  • 地域の人々のために最善の医療を提供し、地域から信頼される病院を目指します。

燕労災病院の基本方針

  • 地域の人々の健康を守り、福祉に寄与します。
  • 安全で質の高い医療の提供を目指します。
  • 医療に関する教育・研修を支援します。
  • 県央基幹病院への円滑な移行に向けた準備を進めます。

患者さんの権利と責務

  • 平等に良質で安全な医療と看護を受ける権利があります。
  • 自分自身に関わる検査や治療に対して、自己決定の権利と共に情報の提供を受ける権利があります。
  • 人格と意志が尊重され、人間としての尊厳を守られる権利があります。
  • プライバシーを尊重される権利があります。
  • 診療に関する記録について、開示を求める権利があります。
  • 自分自身の病気に対し他の医師に意見を聞く(セカンドオピニオン)権利があります。
  • 自らの健康に関する情報をできるだけ正確に、医療従事者に伝える責務があります。
  • 良質で安全な医療を適切に受けるために、病院の規則を守り、他の患者さんや職員に迷惑をかけないよう配慮する責務があります。

燕労災病院の県への移譲と県央基幹病院の整備

平成30年4月:新潟県立燕労災病院 開院(新潟県設置の病院へ)

  • 燕労災病院は、平成30年4月に、(独)労働者健康安全機構から新潟県に移譲され、新潟県立燕労災病院となります。
  • 新潟県に移譲された後の病院運営は、(一財)新潟県地域医療推進機構*が行います。

    *新潟県が出捐を行っている財団法人であり、魚沼基幹病院の運営を行っています。

平成35年度早期(目標):新潟県立県央基幹病院 開院
※新幹線燕三条駅周辺に整備

  • 県央基幹病院を新潟県設置の病院として新たに整備します。
  • 運営主体は、県の一定の関与が可能な財団法人等を基本に検討します。

新潟県立県央基幹病院設置までの流れ

※県央基幹病院について
URL:http://www.pref.niigata.lg.jp/kikanbyoin/1356819900468.html